釜石線について

釜石線の前身は、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のモチーフになった岩手軽便鉄道で、沿線にはオシラサマや河童伝説で知られる民話の里・遠野がある。
クマの消し方を調べてみました 老け顔・疲れ顔の悩みを解消

釜石線の起点は、東北本線が乗り入れる花巻駅だ。
ここから北上山地へと分け入り、民話のふるさと遠野を経て三陸海岸に面する港町・釜石へと至る全長90・2kmの路線。
別名、銀河ドリームライン釜石線といわれ、その前身は宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のモチーフになった岩手軽便鉄道だ。
昭和11年に(1936)に旧国鉄に買収され、現在の釜石線となった。

全線非電化路線で、走るのはディーゼルカー。
普通列車のほか、東北本線の盛岡駅から急行列車の「陸中」が釜石へ通じる(1日2往復半、うち1本は宮古駅~盛岡駅)。
駅数は全部で24駅。
普通列車が約2時間、急行列車が約1時間40分で結んでいる。

町の南北を北上川が貫流する花巻市は、宮沢賢治のふるさと。
その花巻市で第一の観光名所といわれているのが、宮沢賢治記念館だ。
ホワイトヴェールの口コミは嘘ばかり?気になるその真相は

Tags :
カテゴリー: 鉄道